なぜ股関節が大事なのか?

股関節がなぜ大事なのか?

野球選手にとって『股関節』は、とても重要な役割を果たしてくれています。

ここでは、なぜ大切なのか?を5つ説明させて頂きます。

 

治療技術

①下半身の力を上半身に伝えるため

下半身の力を上手く上半身に連動させるのが『股関節』です。股関節に柔軟性が無いと、下半身の力をボールに伝えることができません。

上半身と下半身の動きを一致させることで、ボールを遠くに投げたり、遠くに飛ばすことができます。

②身体の中でパワーを1番ためることができる

投げる、打つ動作には必ず『タメ』が必要です。この『タメ』が無いと、力強い動作ができなくなります。

『タメ』を作る場所が『股関節』にあります。

➂『身体のキレ』は股関節の動作のスピードで決まる

よく「あの選手は身体にキレがあるなぁ」と耳にすると思います。その表現は漠然としていますが、実は人間の目は「骨盤の動作のスピード」で「身体のキレ」を判断しています。

「股関節」を鍛えることで、「身体にキレのある選手」になっていきます。

➃『身体の軸』を安定させてくれる

一言で「身体の軸」と言っても、皆さんの身体の軸は人それぞれで一緒ではありません。

自分の軸を最大限に活かすことでき、安定させてくれるのが『股関節』になります。

➄『股関節』の柔軟性が障害の予防につながる

『股関節』が硬い人ほど、ケガが多かったり、治癒までに時間がかかります。

私はケガで何カ月も野球ができない選手を何人も診てきました。ケガをしてから『股関節』の大切さに気付く選手もたくさんいます。

肩、肘、首、腰、足首、全ての関節に「股関節」は繋がっています。

『股関節』はケガの予防もあり、「パフォーマンスの向上」にもなる野球選手にとって1番大切な関節になります。

野球が上手くなる方法

股関節と言っても、前、後、外、内があります。

1つでも硬い所があると、どこかに痛みが生じてしまうリスクがあります。

自分自身でどこが硬いのか?どこが弱いのか?を意識して、ストレッチやトレーニングをすることが野球を楽しく続けていく1つの方法です。

皆さまも楽しい野球を続けていく為に、ぜひ参考にしてください。

質問など分からないことがあればご連絡ください。

お待ちしております。

LINE@はコチラから↓

LINE@

インスタグラムはコチラから↓

インスタグラム