AKS療法

AKS療法とは?

AKS療法は、腰痛治療でTVでも紹介された事があるAKA-博多法の進化形です。どこに行っても良くならず、手術宣告される程の重症の方の為につくられた治療方法です。病院でも治らないとされているような症状でも、回復した症例は多数存在します。

AKS療法は元々、山内氏が脊柱管狭窄症の患者さんを救うために生み出された治療方法です。脊柱管狭窄症だけでなく、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など様々な症状に効果があります。

AKS療法に効果のある疾患は?

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • ぎっくり腰
  • 慢性腰痛
  • 五十肩
  • 野球肩・肘
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 半月板損傷
  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症

上記のようにさまざまな疾患に適用できます。関節、筋肉に直接、優しい刺激でアプローチします。脳に対しても働きかける事が出来るので、日常生活もままならず、手術宣告された重症ほど改善できるようになります。

AKS療法の効果は?

  • 手術宣告された痛みの改善
  • 優しい刺激なので副作用がない
  • 3つの質問だけで本当の痛みの原因が理解できる
  • 初回の段階でどのように痛みが改善していくかが分かる
  • 1回の施術で効果が実感できる

AKS療法

3つの質問だけで、あなたの痛みの本当の原因を理解することが出来ます。

考えてみてください。同じヘルニアの方で、同じ治療や薬を服用しているのに、治る人と治らない人がいるのはなぜでしょうか?答えは簡単です。本当の原因が間違っているからです。

このAKS療法では、3つの質問に答えるだけで本当の原因が分かります。

原因が分かるだけではなく、初回の段階で痛みの『治癒経過』を知る事が出来ます。

あなたの痛みがいつ改善するのか?どのように痛みが減っていくのか?これらを全て知る事が出来るので、ゴールが見える治療方法になります。

治癒経過

AKS療法はなぜ効果があるのか?

感覚センサー

関節や脳は体の中にある『感覚センサー』です。関節がずれることによって、痛みの信号が脳に送られ痛みを感じることになります。感覚センサーは敏感な為、少しのずれでも不快な症状として出現します。

AKS療法は、骨盤、胸郭のずれを優しい力で整えていきます。関節のずれは、最短で1回の治療で整えることができます。

関節のずれを整える事で、『感覚センサー』が正常に働き、痛みや不快な症状を改善していきます。

AKS療法の料金説明

AKS療法300,000円(税込)

サービス詳細

  • 初回問診
  • 初回動作時痛チェック
  • 初回関節検査
  • 初回AKS療法
  • (仙腸関節AFR+下位肋椎関節AFR+Ultimate Dynamic AFR)たった1回の施術で2週間以内に改善
  • 2回目問診
  • 2回目動作時痛チェック
  • 2回目関節検査
  • AKS療法総仕上げ(3~5回)
  • 日常生活アドバイス
  • 自宅で出来る簡単メンテナンス指導

上記の内容全て合わせた料金になります。

◎初回の治療で痛みが改善した方は、今後同じような痛みが起こらないように、2回目の治療で総合メンテナンスを行います。

◎初回の治療で効果が無かった場合は、痛みの原因が関節ではなく筋肉や神経にある可能性があります。2回目の治療で筋肉や神経に対するAKS療法を受けて頂き、改善を図る事が出来ます。

他との料金比較

 費用(税込)危険性経過
AKS療法(当院)300,000円なし、超低刺激早期に痛みの改善。ゴールが見える治療方法。
AKS療法開発者(山内氏)1,100,000円同上同上
整形外科での手術(保険外)1,000,000~2,000,000円あり、脊髄を傷つけるなど術後の活動性低下。リハビリの苦労など。
他の整骨院や整体1回8,000~20,000円ボキボキやマッサージなどで、関節損傷や神経損傷改善ゴールが見えない。毎回同じ施術で痛みが変わらず永遠に通院。