野球肩について

『野球肩』でお悩みの方へ

『野球肩』でボールが投げられない方は諦めないでください。

こんな事でお困りありませんか?

  • 病院で『ノースロー3カ月』と診断された・・・
  • 最後の大会なのに、肩が痛い・・・
  • だましだまし投げてきたが、ついに限界が・・・
  • 投げ始めの痛みが中々とれない・・・
  • バッティングでも痛みが出てきた・・・

1つでも当てはまる方は、まだ諦めないでください。

大阪市西区の大地鍼灸整骨院なら野球肩を改善できます!

『野球肩』の原因とは?

野球肩

『野球肩』で1番多い原因は、投球フォームにあります。選手1人1人骨格や筋肉の大きさがあり、投球フォームと言っても、答えは1つではありません。

その選手に合った投球フォームとバランスが必要になってきます。

投球バランスの中で最も重要なのが、肩甲骨と上腕骨の安定感になります。とくに肩関節の安定性を保つインナーマッスル(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)です。

このインナーマッスルのバランスが崩れて、投げ続けると肩や肘に負担がかかってきます。

最近、球数制限などがテレビやネットでよく耳にすると思います。しかし残念ながら球数を減らしても、痛みが再発する可能性は高くなります。

投球フォームで『どこの動作でどこが痛むのか』を把握しないと、根本的な改善にはなりません。

なぜ大地鍼灸整骨院の施術で『野球肩』は改善されるのか?

野球肩の治療

肩周囲の筋肉が緊張してるから柔らかくする…もちろん身体全体の筋肉の緊張をとっていくことは必要です。

ただ、筋肉をマッサージしても筋肉の緊張はすぐに元に戻る可能性が高いです。

筋肉の硬さが元に戻る原因は、身体や精神的からくるストレス、悪い姿勢、不安定な投球フォーム、各関節をうまく使えていない…と様々です。

原因を突き止めるからこそ、その選手に合った施術方法があります。

大阪市西区の大地鍼灸整骨院ではまず最初に、身体全体のバランス、筋肉の柔軟性、左右の関節のバランスなどをチェックしていきます。

チェック後、身体全体の関節を評価し、どこの関節や筋肉を施術しないといけないのか?肩関節や股関節をどう使うことが正しいのか?など、細かい所を確認しながら施術していきます。

練習で実際にボールを投げてみて、選手自身の感覚やバランスをヒアリングし、その症状に合った施術方法を繰り返していきます。

その『繰り返し』をサイクルしていくことで、選手に合った投球フォームとバランスを整えていきます。

『野球』を続けたい選手は『夢』を諦めないでください

野球肩

大阪市西区の大地鍼灸整骨院では『野球肩』で苦しんでいる選手を何百人と診てきました。

『最後の大会に間に合わない…』『肩が痛くて野球ができない…』『プロを目指しているのに…』など

選手が『野球肩』の痛みで夢を諦めてしまう…こんな辛い思いは誰もが経験したくないはずです。

大阪市西区の大地鍼灸整骨院では、こんな辛い思いをする選手を1人でも多く助けてあげたいと心から願っており、治療技術に研究を重ねてきました。

もう一度言います。

まだ夢を諦めないでください。選手自身が持っている『自己治癒力』の可能性を信じてください。

特別価格
◎1日1名様の限定価格になります。

 

LINE@問い合わせ

youtube