『頭痛』でお困りの方へ

『頭痛』で辛い思いをしているあなたへ

『頭痛』について

頭痛

慢性頭痛に悩まされている方は、日本人の3人に1人と言われています。その誘発や原因は様々で時に命取りになるような危険な頭痛もあるので、見分け方や対処方法などが重要になってきます。ここでは、「くも膜下出血」や「脳出血」などの急性頭痛ではなく、慢性腰痛について説明していきます。

3種類による『慢性頭痛』

①緊張型頭痛

日本人に1番多い頭痛です。頭全体が締め付けられるような痛みが発生します。原因は肩周りの筋肉が硬くなり、血管や神経を圧迫して起こります。デスクワークや長距離ドライバーをされている方は同じ姿勢が長く続くので、背中や肩の筋肉が硬くなりやすく、「緊張型頭痛」を引き起こしやすいと言われています。

対処方法は、肩周囲の筋肉のストレッチやマッサージ、お風呂で筋肉を温めることです。筋肉をほぐしていくことで、血流が良くなり頭痛が緩和されていきます。

②片頭痛

女性の方に多い頭痛です。コメカミの辺りが「ズキンズキン」と痛くなります。原因は、血管が膨張して神経に触れることで痛みが誘発します。よく言われているのが、ワインやチョコレートと言った飲食も痛みを誘発させています。

対処方法は「緊張型頭痛」とは逆で、コメカミの辺りを冷やしたり、安静が必要になってきます。『冷やす』と『安静』で血管の膨張を防ぎます。できるだけ、目からの刺激を避けることも重要な対処方法になります。

➂群発性頭痛

一番痛みが激しい頭痛です。よく「目がえぐり取られるような痛み」と表現されます。1日の中でほぼ決まった時間に痛みが発生します。症状としては、目の充血、鼻づまり、自律神経の乱れがあります。原因は様々で、「血管の膨張」も原因の1つと言われています。

対処方法は安静や自律神経の調整が必要になります。お酒も飲んではいけません。原因が様々なので、治療方法も千差万別です。まずは、原因を突き止めることが重要になってきます。

当院で行う『頭痛』へのアプローチ

治療技術

『慢性頭痛』と言っても症状や発生メカニズムは様々です。当院では、徹底的に「頭痛の原因」を突き止めていきます。

全身治療

実際に当院に来院された患者様のお話です。その患者様30代男性で中学生の時に原因不明の頭痛になります。

先に結果をお伝えしますと、当院の施術6回で「原因不明の頭痛」が消えました。

なぜ、「原因不明の頭痛」が無くなったのか?

それは、「原因不明の頭痛」ではなく『群発性頭痛』と分かったからです。その患者様の症状や発生メカニズム、普段の生活環境を聴いていくと、自律神経の乱れによる『群発性頭痛』だったのです。原因が分かれば治療も的確に行うことができます。

大阪市西区の大地鍼灸整骨院には原因を突き止める能力と、症状から考えて治療する技術と経験があります。

早く『頭痛』から解放されたい方は、大阪市西区の大地鍼灸整骨院にお任せください。

特別価格

LINE@問い合わせ

youtube
Youtubeもご覧ください。