腰椎分離症について

『腰椎分離症・・・』と診断されて、野球を辞めたくない人は続きを読んでください。

『腰椎分離症』とは?

腰椎分離症

『腰椎分離症』とは、腰の疲労骨折です。疲労骨折と聞くと、あなたも不安になるでしょう。

「コルセットで固定しないといけないの…」「もう痛みは消えない…」「野球は諦めないといけないの…」

初めて当院に来られる患者様からは、このような質問がとんできます。

骨折と聞くと、骨がくっつかないと治らない…と思われている方がほとんどでしょう。実は違います。

ほとんどの人が、骨が完全に折れていません。少し欠けている程度でしょう。心配しなくて大丈夫です。

考えてみてください。骨が完全に折れていたら、歩くのも息をするのも辛いはずです。

『腰椎分離症』の症状

腰椎分離症 施術

1番多い年齢層は学童期(10~15歳)です。

原因は様々ですが、過度な練習、筋肉・関節の硬さ、姿勢、悪い打撃・投球フォームなどがあげられます。

体を後ろに反らした時に痛みが誘発し、元々反り腰の人はなりやすいのが特徴です。

痛みを放っておくと、腰椎が前にずれていく『腰椎すべり症』を併発する可能性があります。『腰椎すべり症』になると、下肢に「だるさ」や「しびれ」を感じることもあり注意が必要です。

大地鍼灸整骨院で行う『腰椎分離症』のアプローチ

野球

実際に当院に来院された患者様のお話です。その患者様は中学3年生です。

「コルセットで3カ月固定してね」と言われて、それでは引退間近なので、どうにかしてほしいという選手が紹介で当院に来院してくれました。

先に結果をお伝えすると、当院の施術4回で痛みは消えました。期間は3週間です。もちろん1年以上たった今現在も再発はしておりません。

なぜ、「3カ月固定」と言われた選手が「3週間以内」に痛みが消えたのか?

それは、その選手自身の原因を突き止めたからです。

その選手の「腰椎分離症」の痛みは、『反り腰』と『股関節の硬さ』が原因だったのです。病院や巷にある整骨院、治療院では『腰』しか診てくれない所がほとんどです。

本当の原因を探し出してくれる所は少ないでしょう。

この選手の場合、なぜ反り腰になるのか?なぜ股関節に柔軟性がないのか?を考えて施術しなければなりません。

『腰椎分離症』といっても選手それぞれ原因や症状は千差万別です。

大阪市西区の大地鍼灸整骨院には、原因や症状から考えて施術する技術があります。

野球を諦めたくない方、早く痛みを取りたい方は、大阪市西区の大地鍼灸整骨院にお任せください。

特別価格

LINE@問い合わせ

youtube
Youtubeもご覧ください。