マッサージと整骨院の違い

マッサージ屋さんには行ったことあるけど、整骨院・鍼灸院は初めてという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、施術内容やその効果、資格などにおいてマッサージと整骨院・鍼灸院の施術の違いをご説明いたします。

整骨院の特徴1.その場限りではない健康な身体づくりを行います

整骨院の特徴1

一般的な整骨院では、問診、検査、電気、治療の順番で進めていきます。保険治療だと約30分程度です。次の予約もどちらかと言えば患者様主導で日程を決め、治癒する期間などの説明も殆どしない所が現状です。

当院では、最短であなたの改善への近道へ導くために、その日によって治療内容が変わります。流れ的な治療方針では、限界があるからです。

自宅でできるあなたにだけ必要な運動やストレッチ方法も伝えます。簡単な方法なので、苦痛にならずに続けていくことが可能です。

また、その場限りではない傷みにくい身体づくりを目指していきます。その時痛みがなくなっても翌日戻ってしまってはお財布や時間、体の負担もあります。

マッサージでは・・・

最近ではリラクゼーションとしてサロン系やクイックマッサージ系が多く、効果もすぐに無くなってしまうところが多いようです。

やたらゴリゴリ強く揉んでデリケートな筋肉を傷つけてしまって酷い揉み返しをしてしまったり、むやみに背骨をボキボキ鳴らして身体を壊してしまう所もあります。

治療院の選択は慎重に。

整骨院の特徴2.厚生労働省が認めた国家資格保有者が治療を行う

柔道整復師きゅう師はり師

整骨院では柔道整復師免許やはり師などの国家資格を有する施術者が治療に当たります。専門学校で、体や病気のことなど医師同等の勉強をして、難しい試験に合格したものだけが取得できる資格です。

だからこそ、安心安全な治療ができます。

マッサージでは・・

慰安マッサージではきちんと国家資格を取得している施術者は少ない、もしくは在籍していない場合があります。

実際に、資格の有無に関わらずリラクゼーションや慰安目的のマッサージ等を時間制で提供しているところが殆どです。

目的に応じて、ご理解の上で利用するべきでしょう。

整骨院の特徴3.身体への負担が少ない治療法

負担少ない本来整体院では「揉む」「マッサージ」という行為をメインとはしません。

揉む場合であってもそれらは本来、あん摩マッサージ指圧師の守備範囲です。

そのため整体院では過度な筋肉への負担がありませんので、揉み返しなど起こることはありません。

体への負担をできるだけ少なくした上で高い効果を発揮するのが整体です。

はじめは効果があるのかどうか不安な方も多いようですが、施術後は驚くほど体が軽くなり、筋肉を揉むマッサージに比べて「ふう・・」という間隔もありません。

マッサージでは・・・

長時間もんだりする「長すぎる刺激や強すぎる刺激」は、身体により負担をかけます。

最悪の場合、筋肉や神経を傷つけてしまう危険性があります。

整骨院の特徴4.症状について

レントゲン

あなたは『肘が痛い』となった時に、この症状が骨折なのか、捻挫なのか判断できますでしょうか?

当たり前の話ですが、答えはNOだと思います。

国家資格保有者はその症状が骨折、捻挫、打撲などの症状を的確に把握し、治療することができます。

マッサージでは・・・

マッサージ屋さんでは上記のような判断をすることが難しいと考えられます。

考えてみてください。もし何も分からず、『骨折』『捻挫』の症状などでマッサージを行えば、カラダは悲鳴を上げ、症状が悪化していきます。

あなたの大事なカラダを守る為、症状が分からなくて、不安がある場合は、まずは専門家で診てもらうことを推奨します。